おまとめローン

大手カードローンのおまとめローンを比較

 

キャッシング会社のホームページで「おまとめは毎月の返済額や返済金額が少なくなります」とか「複数のカードローンをまとめて返済」と言うような広告を見たことが有ると思います。

 

「おまとめ」は消費者金融や銀行カードローンで申込が出来ますが、銀行カードローンは、金利設定が低い事と、年収による制限がなく、審査に通れば年収の3分の1以上の借入も可能なので「おまとめ」に最適と言えるでしょう。

 

まとめる事で生じるメリットは

毎月の返済日を1日にまとめられる。

借入先が何社もあると、返済日が何日もなり、各社ごとの返済金額が違うと、返済日に間違いなくお金を用意する必要が有りますが、ついつい返済日にお金が用意できなかったり、うっかり返済日を忘れたりする事もあり、ストレスが溜まってしまいます。

 

しかし、まとめてしまえばそのような心配はなくなり、お金の管理もしやすくなります

 

金利を低く抑える事が出来る。

一本化するための条件は、今借りている金利よりも低い金利に借り換えるというのが鉄則で、金利が安くなれば毎月返済を少なく出来たり、総返済額を少なくしたりできます。

 

まとめる事で、お金の管理が簡単になる。

借入が1本化できれば、そこの返済シミュレーションを利用して、新たな返済計画が立てられます。

 

銀行カードローンを比較する

おまとめローンで借り換えるためには、低金利のカードローンを選ぶ事が基本です。しかし、重要なのは金利や、融資限度額だけではなく、おまとめで借りるつもりで申込をしたとしても、審査に通らなければ意味が有りません。

 

審査に通りやすく、「おまとめ」を推奨している銀行カードローンは、オリックス銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」をおすすめします。

 

一番のおすすめはオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは年利3.0%~17.8%、 借入限度額は最大で800万円、所得証明は300万円まで不要という、銀行カードローンの中でもかなりハイスペックなカードローンです。

 

低い金利と高い限度額が魅力のオリックス銀行カードローンなら、おまとめや借り換えに最適です。

 

オリックス銀行カードローンは上限金利が17.8%と、消費者金融なみの金利となっています。これは大手消費者金融と同率で、上限金利が高いと言うことは、ある程度リスクがある方でも融資が受けられるという事(審査が緩い)の裏付けになります。あえて上限金利を17.8%に設定する事で、審査に通りやすくなっています。

 

2段構えの保証会社

オリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット㈱と、新生フィナンシャル㈱の2社が保証会社になっています。一般的に銀行カードローンの保証会社は同グループ内の消費者金融や信販会社の1社が保証会社になっていますが、オリックス銀行の保証会社が2社になっているので、どちらかの審査が通れば融資が受けられます。

 

保証会社が2社という事は、申込み者にとって審査が通りやすくなります。以前のオリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス。クレジット㈱だけで、年収が200万円以上なければ申込出来ませんでした。新たに新生フィナンシャル㈱が保証会社になった事で、年収制限は撤廃され、多少リスクのある方でも融資が受けられるようになっています。

 

提携ATMがすべて無料

複数社から借入をしている場合、提携ATMなどから返済をしている場合、返済のたびに利用手数料が発生します。オリックス銀行カードローンは全国95,000台の提携ATMがすべて何度でも無料で利用できるというメリットが有ります。

 

ATM利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円が毎回必要で、返済が何年も続く状態だと、この手数料も返済総額に影響してきます。オリックス銀行カードローンでまとめた場合は、これらの経費が不要になるので、無駄なお金を使う事無く返済が進められます。

 

三井住友銀行カードローンに借り換える

三井住友銀行カードローンは金利4.0%~14.5%、融資限度額は最大で800万円というスペックで、

  • 満20歳~69歳以下の方で、原則安定したご収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシュマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

が利用条件になります。

 

三井住友銀行カードローンの申込方法は、三井住友銀行に口座がある方で、インターネットバンキングからの申込なら、本人確認がすでに済んでいるので簡単に申込が出来ます。

 

審査結果の連絡は9:00~21:00までなので、その間に契約が完了すれば即日融資も可能で、ローン契約機ならカードもその場で発行されます。ローン契約機は土日や祝日でも21時まで申込みが出来るので、前日の夜に、申込みを済ませておけば安心です。

 

「返済は提携ATMがお得」

三井住友銀行カードローンの提携ATMは、E-net、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATMこれらのATMが手数料無料でできるので、借入や返済は提携ATMがおすすめです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

「バンクイック」のスペックは金利1.8%~14.6%、融資限度額は最大で500万円までとなっています。

 

利用条件は

  1. 20歳~65歳方で、収入が有る方
  2. 保証会社(アコム㈱)の保証が受けられる方

    ※学生の方や本人に収入がなく、配偶者に収入が有る専業主婦(夫)も申込が可能です。
    ※外国人の方は永住許可証を受けている方

となっています。

 

「バンクイック」の申込は、インターネット申込やテレビ窓口から申込む方法と、郵送、電話の4つの申込み方法から選べますが、即日融資で借りる時は、郵送以外で申込む必要があります。どの申込方法を選んでも、カードの受け取りはテレビ窓口か郵送になります。

 

WEB完結なら契約手続きまでネット上で済ませてしまうことができるので、テレビ窓口から最短でカードが受け取れます。テレビ窓口から申込手続きからカード発行まで行う事も可能ですが、数十分以上待っていなければならないのが、ちょっと気になるところです。また、テレビ窓口はカードローンの契約以外にも利用されるので、時間帯や曜日によっては待たされる事もあります。

 

専業主婦も利用可能

「バンクイック」は総量規制の対象外なので、年収がなくても審査に通れば融資が受けられるので、無収入の専業主婦も利用できる銀行カードローンです。

 

専業主婦専用と言っても、基本的に審査内容は一般のカードローンと同じで、ご主人に安定した収入が有れば申込が可能です。申込は、本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポートなど)があれば簡単に申込できます。

 

専業主婦専用の銀行カードローンも増えてきましたが、口座はどこの銀行口座でもよく、即日融資が可能という人気のあるカードローンです。