お金を借りる

審査時間も早く、最短でお金を借りるなら消費者金融のカードローンでお金を借りることがおすすめです。

 

 

≪目次≫

  1. お金を借りる前に確認すべきこと
  2. 借りられない人はこんな人
  3. お金を借りる前に気を付けておきたい、闇金や違法業者のこと。
  4. 借りた後の返済方法はどうなの?
  5. 保証人っているの?
  6. 10万円借りて、3年で返済したら月々いくらの返済額?
  7. 自分に無理のない返済額で
  8. まとめ

 

即日お金を借りたいなら消費者金融がおすすめの3つの理由

カードローンで借入をする時、消費者金融の即日融資で借りるという人が増えています。消費者金融のカードローンは、即日融資が売りで、銀行でも即日融資が可能なカードローンもありますが、消費者金融のカードローンの場合、銀行よりも遙かに速いです。

 

消費者金融をおすすめするのは、即日融資にたけているだけでなく、ほかにも理由が有ります。

 

大手消費者金融なら申込が簡単

銀行の金融商品でお金を借りる時は、多くの書類と必要なら保証人や担保を要求されます。審査は厳しく、融資の許可が下りるまで1カ月以上かかる事も少なくありません。大手消費者金融のキャッシングは、保証人や担保は不要で、契約が終わり、限度額が決まればその範囲内なら、いつでも何度でも借入が出来るという利便性があります。

 

大手消費者金融の申込はいたって簡単で、必要書類は本人確認書類(運転免許証または健康保険証、パスポート)などがあれば、簡単に申込が出来ます。インターネット申込は365日24時間何時でも可能で、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要はありません。

 

大手消費者金融は、ほとんどが即日融資に対応しており、平日の午後2時前後に契約や振込手続きが終わっていれば、すぐに指定口座に振込をして貰えるので「今日中にお金が必要」という場合でも心配ありません。

 

大手消費者金融の即日融資は、365日申込をすれば借りられる。

銀行カードーンの中にも即日融資が可能なカードローンもありますが、365日いつでも即日融資で借りられるのは、大手消費者金融です。最近の申込はパソコンやスマホを使い、インターネットからの申込は、来店不要で申込から借入までが完結するので、人気のある申込方法になっています。しかし、銀行振込の場合は銀行の営業時間内に契約や手続きを済ませる必要があります。

 

大手消費者金融の即日融資をおすすめするのは、全国に無人契約機を配置しているからです。無人契約機【業者によって名前が違う)のほとんどが365日、午前9時から午後10時まで営業しているので、銀行の営業時間が過ぎていても、無人契約機で本審査を受けてカードを受け取れば、提携ATMからお金が引き出せる方法が利用できます。もちろん、平日の午後3時以降でも問題ありませんし、土日・祝日でも申込をしたその日にお金が借りられます。

 

無利息期間が利用できる。
大手消費者金融は「モビット」を除き、「プロミス」「アコム」「アイフル」「ノーローン」には無利息期間サービスが利用できます。

 

このサービスは、決められた期間内は利息を払わなくても、お金が借りられるサービスで、この期間内に借入をして返済すれば、元金の返済だけすればよいというサービスです。金利が高いと言われる消費者金融ですが、このサービスを利用すれば少しは金利を下げる事ができます。

 

また無利息期間サービスは「アコム」や「アイフル」は初回契約時のみですが、「プロミス」は会員サービスのポイントサービスでポイント数によって再度無利息期間が使えます「ノーローン」の7日間無利息サービも、初回のみでなく、完済をした翌月は再度7日間の無利息期間が何度でも利用できます。

 

無利息期間を利用する時は、何度でも利用できる「プロミス」や「ノーロン」をおすすめします。

 

お金を借りる前に確認すべきこと

キャッシングの申込みをした時に行われる審査は、コンピューターを使い、あなたの属性をスコアリング(点数化/数値化)し、その点数で審査に通るか通らないかが決まります。

 

属性とは、年齢、独身or既婚、子供の有無、住居形態、親と同居かなど、申込書に記入したすべての項目が対象になります。

 

 

スコアリングで評価される主な項目は

 

職業・勤務先による評価

■公務員>大手企業>中小企業>自営業>アルバイト
職業で評価が高いのが公務員、次いで民間の大企業・・アルバイトの順に低くなります。

 

年収による評価

■400万円以上>200万円~400万円>200万円未満
年収が低ければ、当然評価は下がります。

 

健康保険の種類別評価

■共済組合(公務員)>組合健康保険(大手企業)>社会保険(中小企業)>国民健康保険
加入している健康保険によって評価が違ってきます。公務員の共済や、大手企業の組合健保は高評価を受けます。

 

勤続年数による評価

■10年以上>5年~10年>1年~5年>6ヵ月~1年>6ヵ月未満
勤続年数が短ければ短いほど不利で、6カ月未満の場合は特に厳しくなります。

 

居住形態

■持家(本人名義)>持家【家族名義)>社宅>賃貸>公営住宅
経済的な面の評価以外に「すぐに引っ越しできない」という事から持家の評価が高くなります。申込書にはこれ以外にも記入項目が有りますが、主なところはこれらの項目になります。

 

 

これらの項目以外に、信用情報機関の個人情報もスコアリングされます。これまでキャッシングの経験がない人の方が、クリアなイメージがありますが、キャッシング業界における評価は、経験者の方が優遇されます。そのため、取引実績があり、取引期間が長く、それでいて複数の借金を抱えていない人が審査で高い評価をうけます。

 

 

取引実績は

 

キャッシングの取引実績

□4回以上>1~3回>はじめて
経験が多いほど高い評価になります。

 

現在の借入件数

□0~1件>2~4件>5件以上
他社借入「総額」ではなくて「件数」が重要になります。信用力の低い人は、1社から借りられる限度額が小さいため、あちこちから借りることになります。ですから、同じ借入総額でも、借入件数が少ない方が信用力の高い顧客になります。

 

取引期間

□13ヵ月以上>7~12ヶ月>6ヵ月未満
キャッシングの取引期間は長ければ長いほど評価は高くなります。

 

 

 

これらの項目すべてを改善する事は難しいですが、信用情報なら取引実績をクリアにすることが出来ます。

  • 返済は絶対に延滞しない事
  • 借りては返すという実績を積む。
  • 借入件数を少なくする。
  • 一度に複数社への申込はしない。

このように、自分で信用力を高めることは可能なので、審査に通る人になるためにも、自分の信用情報は常に意識する事が大事です。

 

借りられない人はこんな人

 

キャッシングは、申込をすれば誰でも借りられるというものではなく、借りられない・断られる事もあります。断られるのには理由があるのですが、審査内容は公開されていないので、何が理由なのかは正確には解りません。なかには「自分は安定した収入があるのに、なぜかいつも審査で落とされる」という人もいます。

 

ただ、各社それぞれ審査基準は違っても、口コミなどを見てみると、落ちた人の傾向がどういった人なのかが見えてきます。

 

  1. 他社の借入金額が年収の3分の1以上借りている。

    消費者金融は、総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上の金額を借入れることはできません。

  2.  

  3. すでに他社借入が4件以上ある。

    3件以上でもNGになる事が有ります。

  4.  

  5. 他社借入や、クレジットカードの返済を1ヵ月以上滞納したことが有る。

    過去に滞納の記録があり、信用情報機関の個人情報に記載されていれば、審査に悪い影響を与えます。

  6.  

  7. 債務整理をしたことが有る。

    債務整理をしたという事は、借金が返せず「法の力を借りて借金を無しにした」という事なので、審査に通る事はありません。

  8.  

  9. 短期間の間に複数社へ申込をした。

    キャッシングの申込件数が異様に多い場合、それだけで審査に落ちてしまう可能性があります。申込が有った事は、個人情報に記載されるで、どこへ申込をしたのかがすぐにわかります。

     

    特に、短期間で複数社へ申込をしていると「申込ブラック」として扱われ、何度申込をしても審査に通る可能性は少なくなります。2、3件申込をしても駄目なら、半年以上間を開ける必要が有ります。

 

お金を借りる前に気を付けておきたい、闇金や違法業者のこと。

お金の借入を大手消費者金融などで申込む場合は問題ありませんが、中には大手で借りられなかったために、中小消費者金融へ申込む方もいますが、特に気を付けたいのは、中小消費者金融の中には「闇金」と呼ばれる業者もあるという事です。

 

消費者金融と「闇金」には、明確な違いがあります。

 

どちらもお金を貸し出ししているという点では同じですが、正規の消費者金融は貸金業法に基づいて営業しているのに対し、「闇金」は法律を無視して営業をしています。

 

中小消費者金融は、大手消費者金融のように大々的な宣伝をしていないため、知名度も低くいので、注書消費者金融は信用できないという人もいます。しかし、正規の中小消費者金融は、国や都道府県知事から正式に営業許可を受けて正当な事業展開をしています。少しでも法令に違反することがあれば、即日業務停止になってしまうので、金利は法定金利がきちんと守られており、取り立てについても脅迫や暴力をふるうことはありません。

 

一方「闇金」は国や都道府県知事の許可を受けていないところがほとんどで、詐欺を働いたり、法外な金利を要求したりと、さまざまな方法でお金を巻き上げています。彼らが営業許可を取っていない理由は、初めから法律にしたがった営業手法で利益を上げようと考えていないからで、即日融資のような甘い言葉で誘惑し、債務者からお金を奪うのが彼らのやり方なのです。

 

中小消費者金融を利用する時は、正規の貸金業者か「闇金」かを見分ける事が重要になります。その見分け方として、貸金業を営む場合は、国や都道府県に貸金業としての登録が義務付けられています。また、貸金業者が広告を掲載する時は、登録番号や商号、所在地、代表者名、代表電話番号などを明示する事になっています。

 

利用しようと思う業者の、記載内容を控えておいて金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から登録番号や商号などを入力して検索します。該当する貸金業者があると表示されますが、検索結果と広告の記載内容が違う時は、「闇金」または「悪徳業者」と思っても間違いありません。

 

闇金をデータベース化したサイトも数多くあるので、怪しいと思った時は、いきなり申込をせず、面倒でもまずは調べてみる事が重要です。

 

借りた後の返済方法はどうなの?

キャッシングでお金を借りると、借りた翌月から返済が始まります。返済方法は銀行振り込みや銀行口座を使った口座振替、カードを使って提携ATMなどどの方法でも返済ができますが、返済方法によって利息や手数料を含めた返済額を少なくする事も可能です。

 

インターネット返済が便利

近年、多くのカードローンで利用できるようになった返済方法で、事前に返済口座を登録しておき、そこからパソコンやスマホ、携帯を使って返済する方法です。

 

口座にお金が入っていれば、自分のタイミングで返済が可能で、店舗や提携ATMへ行く必要もないので、最近では人気のある返済方法です。

 

この返済方法は、振込手数料がかからない場合が多いので、無駄な経費を省く事も出来ます。

 

口座振替

多くのキャッシング会社が採用している返済方法で、毎月決められた日に、決められた額が自動的にキャッシング会社に振込まれる方法で「返済日を忘れていた」と言うような事はありません。

 

たとえば「プロミス」の場合、は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日のいずれかで選ぶことが出来ますが、それ以外の口座の場合は毎月5日に固定されています。

 

返済日が選べるという事は、自分の給料日に合わせた返済日を決める事が出来ます。口座振替の場合、返済手数料は基本的に無料です。ただ、口座に返済するだけのお金があるかどうかを確認しておく必要があります。

 

ATM返済

買い物ついでや会社の行き帰りの途中にあるキャッシング会社の提携ATMから返済する方法です。キャッシング会社によっては、ATM手数料がいつでも無料のところがあるので、そういったところを選べば、返済するために無駄な経費を払うという事はありません。

 

返済方法は、基本的に固定ではないので、その都度、自分の環境に合わせた返済方法が利用できます。

 

保証人っているの?

はじめに、保証人とはお金を借りた人が、その返済ができなくなってしまった場合借りた人に代わって、借りたお金の残債を支払う義務がある人を保証人と言いますが、キャッシングを利用する時は特別の場合を除いて保証人を要求される事はありません。

 

過去においては、キャッシングも連帯保証人を要求するところが多く存在しました。しかし、連帯保証人と消費者金融業者の間でトラブルも多く、連帯保証人を立てる必要ああるという点で、敷居が高くて利用しにくいというイメージがあったため、保証人を立てることなく、キャッシングの申込が出来るようになりました。

 

保証人を立てる必要がなければ気軽に申込みができますし、自分一人の信用でお金が借りられるので、手軽に申込が出来ます。ただ、保証人なしで融資をするわけですから、消費者金融としては、貸し倒れになるリスクが発生します。

 

このリスクを回避するために、消費者金融は、申込者のキャッシング利用履歴や事故歴、家族構成、職業、年収等の調査と信用情報機関の個人情報を基に、お金を貸しても返済できる申込者なのかを慎重に審査します。

 

また、キャッシングは住宅ローンや自動車ローン等と比較すると、高めの金利設定になっています。これは、金利を高く設定する事で、貸し倒れのリスクを金利に織り込み、弁済を得られなかった場合でも、トータルで利益を得られるようにしている為です。

 

ただし、中小企業の経営者や個人事業主などを対象にした、いわゆる事業者向けのキャッシングは、保証人が要求される事もあるので、申込をする前に確認しておく必要があります。

 

10万円借りて、3年で返済したら月々いくらの返済額?

キャッシングでお金を借りた時、毎月どれくらいの利息を支払っているのかしっておく必要が有ります。計算方法はいたって簡単なので、ご存知ない方は覚えておきましょう。

 

利息の計算方法は、

借りたお金×金利(%)÷365日×利用日数になります。

 

たとえば、「プロミス」で10万円を17.8%の金利で1か月借りたとすると10万円×17.8%÷365日×30日=1,470円が1か月の利息分になります。

 

プロミスの毎月返済額は10万円の場合、4,000円なので借入から1か月後の借入残高は4,000円-1,470円=2,530円になり、翌月は2,530円を基に利息計算をし、完済までこれを繰り返す事になります。

 

「そんなの面倒くさい」と言う人は、「返済シミュレーション」を利用すれば簡単に計算できます。

 

「プロミス」のホームページに行き「年債シミュレーション」を開きます。その中の1番最初に「お借入希望額をご指定の期間(月数)で返済するときの、毎月のご返済金額を算出します。」というシミュレーションがあるので、そこへ借入希望額10(万円)を入力し、ご返済期間に36(か月)を入力し、「シミュレーション」実行をクリックすると次のページで「毎月のご返済金額は」3,605円と計算結果が出ます。

 

さらに詳しく知りたい時は「返済計画の詳細を見る」をクリックすると、利息合計や、利息を含めた総返済額、毎回の利息などが一覧表で表示されます。

 

お金を借りる前にこのような「返済シミュレーション」を利用して、無理のない返済計画を立てる事が重要になります。

 

自分に無理のない返済額で

キャッシングの返済方式は、借入残高スライドリボルビング方式のところが多く、消費者金融や、銀行カードローンのほとんどが、この返済方式を採用しています。

 

借入残高スライドリボルビング方式は、借入残高によって毎月の返済額が決まる返済方法で、一般的に毎月返済額は、返済に無理が生じないよう、低めの設定になっています。元金返済は毎月返済額か最初に利息分を差し引き、残りが元金返済に充当されます。ただ、この方式は、融資限度額に余裕ができれば、その範囲内でいつでも借入ができるので、なかなか完済できないという事が多いです。

 

総返済額を少なくするには

お金を借りる時、「金利はできるだけ少なくしたい」と誰もが思いますが、返済方式は変えられないので、返済方法を変える事で金利を少なくできます。

 

返済方法には借入残高によって決まる「毎月返済額」や「一括返済」毎月返済額に上乗せして支払う「繰り上げ返済」があります。キャッシングの利息は日割り計算になるので、少しでも早く完済すれば、総返済額は少なくなります。

 

完済は一日でも早く

「キャッシングで借りたお金はできるだけ早く返す」というのが賢い利用の仕方です。毎月返済だけの返済を続ける方法は、返済期間が長くなってしまい、利息を合わせた総返済額がもっとも多くなります。一番効果的な返済方法は「一括返済」で、一度で支払ってしまう方法です。

 

ただ、無理をして「一括返済」をすると、翌月お金が足らなくなり、改めて借入れをしなければならないという事もあるので、「一括返済」で完済するためにはタイミングが重要になります。

 

無理をすることなく返済期間を短くする方法は「繰り上げ返済」です。毎月返済額以外に支払ったお金は、すべて元金返済に充当されます。普段は楽な毎月返済額だけの返済を続け、お金が余った月や、臨時収入があった時に上乗せして返済する方法なら、無理な返済になりませんし、「繰上げ返済」を続ける事で返済期間を短くすることが出来ます。

 

無理のない返済には「繰り上げ返済が」おすすめの返済方法です。

 

まとめ

以前の消費者金融は、金利が高いとか、取り立てが厳しいと言うイメージが有りましたが、貸金業法の改正後は規制が厳しくなり、法律に違反すれば厳しい罰則が課せられますが、「プロミス」や「アコム」「アイフル」「モビット」などの大手消費者金融ならお金を借りても安心ですし最短即日でお金を借りることもできます。

 

これらの大手消費者金融なら、金利が高いと言っても18%ほどで、銀行カードローンの平均金利が15.0%なので、3%しか違いません。この3%が高いか安いかは借入金額や借入期間で大きく変わってきますが、キャッシングの基本「借りたお金をすぐ返す」という事を守っていれば、それほど高い金利はなりません。

 

急いでいる時も金利を比較する事も大事ですが、必要な時に間に合わなければ意味がないので、そういう時は即日融資を優先して考えるべきだと思います。大手消費者金融はすべてが即日融資に対応しているので、急いで借りたい時は大手消費者金融をおすすめします。